ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ありがとう

d0010232_23422179.jpg12月15日~16日に開催した春夏秋冬わんぱくキャンプ「冬編」のブログ報告に長女・サヤカがこんなコメントを入れてくれていた。

『今回のキャンプで分かったこと。父と母(たっちゃん&みっきー)が、なぜここまでこの活動を頑張っちゃうのかが分かった。
夜遅くまでHPの写真を更新してたり、学校に配るチラシを毎回毎回一生懸命作ってたり…
その結果が今回見たたくさんの笑顔なのかもなぁって思った。
『職業は夢じゃなくて、夢を叶えるための手段。』昔、そんな話を父がしていた。
両親の職業は未だによくわからんけど(笑)、でも夢はなんとなく分かる。
なんか、素敵な大人がこんな近くにいた。
私はそんな父母を尊敬します。』

今年1年の締め括りに娘から最高に嬉しい言葉をいただいた。
ありがとう。心から感謝します。
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-30 23:34 | わが家
d0010232_183335.jpgゆめまち号に乗車できる定員12名の募集に冒険遊び場たごっこパークの常連が大集合しての2泊3日キャンプを開催しました。
夜は零下5度の朝霧高原でハチャメチャに遊んできました。
詳細はこちらでレポートしています→冬休み!ガキンチョ団キャンプ
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-28 23:33 | 子どもたちの居場所づくり

クリスマスケーキ

d0010232_0241625.jpgがばい暮らしを送る我が家。
それでも、クリスマスケーキぐらいは子どもたちにと思い、25日夜遅くに売れ残りの半額目当てにサヤカとスーパーに買いに行った。
2500円~3500円のケーキが半額になっていました。
「どれにしようか?」とサヤカに尋ねると、
「こっちでよくない?」とサヤカが指したのは12個入り100円のベビーシュー。
「ほら、だって、100円で1人3個も食べれるよ!」
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-25 23:45 | わが家

クリスマスイブ

d0010232_1043774.jpg 我が家のクリスマスイブは、冒険遊び場たごっこパークの開催最終日と重なり、特別なお料理やケーキを子どもたちに提供してあげることはできず…。
 この日の食卓(てゆーか卓球台だけどね)に並んだのは、そのたごっこパークの常連・トモノリの父ちゃん=まさるさんからいただいた煮豚と、リョウジュン・チエの母ちゃん=とみーお手製のおかずとたごっこパークをいつも応援してくれる公園の近所のじいちゃんがくれた野菜を使ったおでんの三品。
 僕らにとっては、子どもたちに活動の成果を表現できる、ある意味、特別なお料理が並んだクリスマスイブでした。
 みなさんに感謝、感謝です。
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-24 22:41 | わが家

たこやき

d0010232_1446445.jpgこの日の冒険遊び場たごっこパークは雨がだんだんひどくなってきた。
片付けが終わったら家に戻って冷えた身体を温めたいところだったが、中学の古紙回収の当番で、昼間は当然、対応できなかったので、夜の回収に…。
だんだんと雨脚が強くなる中、みっきーと二人で町内23件を回収する。
ゆめまち号に溢れんばかりに集まった古紙を指定場所に降ろして、びしょ濡れで戻ると、サヤカとチアキが夕飯代わりのたこやきを焼いてくれていた。
「おかえりー」、「おつかれー」
疲れが一気に吹き飛んだ。

d0010232_1451171.jpg家族ノリノリのたこやきタイム。
「はい、たこやきいっちょー」
「ソースよろしくー」
「はい、ソース、よろこんでっ」
二人とも初のたこやきづくりだったけど、手付きもだんだん慣れてきて、格好も最後はこんなんでした。
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-22 22:39 | わが家

親父の時間

夕方、次女のチアキが腰・膝・足が痛いということで病院へ連れて行った。待合室であれこれダベる。
夜、スーパーへ買い物に行こうとすると長女・サヤカが「私も行く~」と付いてきてくれた。帰りに店頭で130円のおはぎを一つ買ってあげる。嬉しそうに食べて、半分をおいらにくれた。
娘たちとの他愛もない親父の時間。

でも、世の中の親父さん、こんな時間、どのくらい持ててますか?
以前、チアキが学校から持ってきたアンケート。
「週末を含めて、親子での会話時間はどのくらいありますか? ①15分以下、②15~30分、③30分以上」
これって、例年アンケートを取ると1日15分以下しか会話しない親子も1/3ぐらいあるってことですよね。どの家庭も1日30分以上の親子会話があったら、こんな三択にならないですもんね。
子どもは好きですよ。「見て、見て」、「聞いて、聞いて」が。

d0010232_1532618.jpg眠くなっちゃうから事務所で勉強しよって自分の部屋から勉強道具を持ってきてサヤカ。
ものの10分で睡眠学習を始めました…。
おやすみなさい。
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-21 23:22 | わが家

冬季青少年補導

d0010232_1642324.jpg地域の生涯学習推進会の役員をしているので、冬季青少年補導へのお呼びが掛かり参加することに。
ただただ歩くのもなぁと思い、娘のサヤカを誘うと「行く、行く」と張り切って付いてきてくれました。
各種地縁団体の皆さんや小・中学校の教師と一緒に地域を1時間ほど歩きました。
補導対象どころか青少年にはまったく会いませんでしたが、1時間、ずっとサヤカが勉強のこと、部活のこと、社会のことなどをとまることなくおしゃべりしてくれたので楽しい夜のお散歩になりました。
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-20 22:28 | わが家

このお菓子はね…

d0010232_15165715.jpgなんて、お菓子について語っているわけでは決してありません。
午後11時すぎ、12月15日~16日に開催したキャンプのふりかえりと12月26日~28日のキャンプに向けた打ち合わせです。
計画-実践-検証…この循環が何ごとにも大切なんだよねぇ。
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-18 23:59 | 子どもたちの居場所づくり
d0010232_23155296.jpgSBSラジオの人気番組「ほのぼのワイド 中村こずえの smile for You」に呼んでいただきました。
番組内に「ハートリンク・家族の相談室」というコーナーがあり、リスナーからのお悩み相談に助言をするというもの。
今回の相談内容は、「4歳までは子どもを家庭で養育しようと考えているが集団性が身に付かないのではと夫婦で心配している」というものでした。

「4歳までは子どもがぐんぐん成長する時期。その目撃者にお母さんがなるというのはとても良いことではないでしょうか。また、子育てについて夫婦でともに考えていることも良いことですよね。」という趣旨のことをお話しました。
そして、「集団への適応、社会性の獲得は、お母さんとの信頼関係があってこそ、次の段階で身に付くものであって、そこが築かれていれば心配いらない。」という助言に絡めて、春夏秋冬わんぱくキャンプ「冬編」の中学生、高校生の活躍ぶりを付け加え、活動のPRもしました。
また、幼稚園、保育園に行かなくても社会性を育む場として子育てサークルのようなものを利用してはどうかという話をし、沼津の方ということだったので、冒険遊び場たごっこパークにもぜひ、というお話もさせていただきました。

当日の放送収録CDがあります。お聞きになりたい方はご連絡ください。
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-17 23:16 | まちづくり

なんだかなぁぁぁ

d0010232_22521375.jpgラジオ本番寸前、みっきーが「たっちゃん、そこのポスターの隣に立って」と。
阿藤快さんのポスターの前で、同じ表情をさせられて、写真を撮られました。
似てます?

「なんだかなぁぁ」
[PR]
by yumemachinet | 2007-12-17 22:13 | わが家