ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー

<   2007年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

d0010232_1922964.jpg「冒険遊び場たごっこパーク」「水よう広場1・3・5!!」などの活動をお知らせする「たごっこ元気っこ」の12月号を発行しました。
 今回はたっちゃん&みっきーの合作によるマンガ付きです。
 チラシは市内4小学校を通じて配布していますが、そのチラシ用紙は、それぞれの学校からいつも「たごっこパーク」に来る子どもの親御さんが提供をしてくれています。印刷や各学校に届ける作業などもしてくれています。
 いつもいつもありがとうございます。本当にうれしいです。

 チラシは上の文章の「冒険遊び場たごっこパーク」をクリックすると読むことができまーす。
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-30 19:22 | 子どもたちの居場所づくり
d0010232_14291195.jpg静岡県では富士山を世界文化遺産にしようという活動に取り組んでいます。県庁内に世界遺産推進室という専門部署もあります。その世界遺産推進室が制作した「富士山の魅力」卓上カレンダーを県の出先機関でいただきましたが、ちょっと配慮と工夫が足りないと感じたので、県のご意見募集コーナーに以下のメールをしました。

『富士山を世界遺産に、という運動の中で制作しているカレンダーですので、環境にはとくに配慮したほうがよいと思います。
包装のビニール袋や卓上に組み立てるときに出るプラスチック片はすぐにダイオキシンが発生するゴミになってしまいますよね。せめて包装は紙にしたらよかったのでは。
また、卓上にするためのプラスチック枠も来年には同じくゴミになりますね。これもせめて紙のほうがいいですよね。あるいは、このプラスチックがペットボトルなどの再利用製品だとしたら、そのことを表記したほうがいいですね。
同じく、カレンダーの紙部分はどこにも表記が見当たりませんが、再生紙を利用していますか?またインクも環境に優しいものを使っていますか?使っているとしたら、そのことの表記をして環境に配慮していますよというPRをしたほうがいいですね。
釈迦に説法だとは思いますが、富士山はゴミ問題が大きな課題ですよね。その担当室ですから、環境に最大限に配慮したPR展開をしていく必要があると思います。』

上のメールに対して担当室長さんから以下のお返事をいただきました。
『世界遺産推進室が作成した卓上カレンダーについて、御意見をいただき、あ りがとうございます。
当室では、海外から静岡県を訪問されるお客様や県幹部等が海外において広報等で活用するため、今回、富士山周辺市町から見た富士山の魅力をカレンダーとしたものであり、過去の卓上カレンダー作成例を参考に、また、海外への持ち運び時の破損などを考慮した結果、包装のためのビニール袋、プラスティック枠を素材として使用しています。
渡部様から御指摘ありました環境への配慮については、カレンダーに使用したインクはソイインク(大豆)を使用しています。今後は、価格が高くなってもリサイクルが可能な環境に配慮した素材を使って作成するよう検討していきたいと考えております。
今後も、渡部様をはじめ、多くの皆様の御支援と御協力をいただきながら、富士山の世界文化遺産登録の実現に向けて努力してまいりますので、何とぞよろしくお願いいたします。』
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-29 10:02 | まちづくり
d0010232_8303670.jpg埼玉県戸田市で冒険遊び場たごっこパークの実践紹介を中心とした講演をさせていただきました。
画像の左端でたっちゃんの解説に沿って、板書をしてくれているのは、次女のチアキです。

d0010232_8301444.jpg出番の合間には、テストが近いということで問題集を広げて勉強をしていました。

講演会の報告はこちら⇒つながる。ひろがる。ゆめ・まち・ねっと
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-24 08:30 | 子どもたちの居場所づくり

水よう広場1・3・5!!

d0010232_618103.jpgクリック⇒水よう広場1・3・5!!の様子を更新しました。
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-21 22:18 | 子どもたちの居場所づくり

みっきー

d0010232_12303736.jpgゆめ・まち・ねっとの活動をいろんなところでご紹介する機会をいただきます。
いつも、「たまには、みっきーがしゃべらない?」と誘い水をみっきーに向けるのですが、「いいよ、いいよ」と破顔一笑されます。
なので、いつも僕が人前でしゃべるので、聴いてくださった人たちは僕に「素晴らしい活動ですね」とか「これからも頑張ってくださいね」とか声を掛けてくれます。
でも、ゆめ・まち・ねっとの活動は、みっきーあっての活動だといつもいつも感じています。

夏休み!ガキンチョ団で膝を骨折した、みっきー。
未だに完治せず、膝に水が溜まっている状態なのに、子どもたちが生き生きと遊べる環境を作るためだったら、この画像のとおり。
笑顔で重い丸太椅子を運び、「はい、トッキー、これに座りな。」

本当にすごい人です。
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-20 12:30 | わが家

なべやかん

d0010232_1347048.jpg冒険遊び場たごっこパークガキンチョ団に最近、参加するようになったユウリの母ちゃんが拾い物のなべとやかんをピカピカに磨いて、たごっこはうすに持ってきてくれました。
買ったってそんなに高くない物たち。
でも、こうして、いろんな人のつながりで子どもたちの遊び道具を増やしていく。
そのことに行政主催とは違う市民発の手づくり活動の良さがあるんだよね。
嬉しいなぁ。
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-18 13:39 | 子どもたちの居場所づくり

嬉しいコラム

d0010232_2293357.jpgいつもいつもゆめ・まち・ねっとの活動を温かく取材してくださる記者さんの一人、岳南朝日新聞の安江記者が冒険遊び場たごっこパークの取材にやってきてくれました。
後日、こんな素敵なコラムを新聞紙面に掲載してくださいました。
クリック⇒新聞記事

これまで、ゆめ・まち・ねっとの活動を取り上げてくださった記者さんたちがずっとずっと取材したくなる、応援したくなる、そんな活動をこれからも地道にコツコツ、継続していきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-17 02:24 | まちづくり
d0010232_236930.jpg冒険遊び場たごっこパークの11月前半(9日~12日)の活動の様子を専用ブログにアップしました。
コメント、どしどしご記入ください。
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-16 02:34 | 子どもたちの居場所づくり

誕生日ケーキ

d0010232_16542055.jpg11月9日は、次女・チアキの誕生日でした。夏以降、ゆめ・まち・ねっとの活動メンバーになってくれている、ぶんちゃんが手作りのケーキを作ってきてくれました。
フルーツたっぷりの大きなケーキにチアキは大感激。

d0010232_16544420.jpg翌11月10日は、たっちゃんの誕生日でした。たごっこパークの開催と重なったこの日、常連のタクヤ(小5)がなんと!手作りのケーキをプレゼントしてくれました。

d0010232_16545981.jpg夜には、田舎の母がチアキと僕のために買ってくれたケーキをみんなで食べました。
どのケーキも格別な味のケーキでした。
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-15 16:55 | わが家
d0010232_06406.jpg10月下旬の冒険遊び場たごっこパークの様子を専用ブログにアップしました。
コメント書き込み、じゃんじゃんしてくださーい。
クリック⇒冒険遊び場たごっこパークブログ
[PR]
by yumemachinet | 2007-11-13 00:11 | 子どもたちの居場所づくり