ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ユニバーサルデザイン

d0010232_20304562.jpg ユニバーサルデザインという言葉を聞いたことがありますか?
 ユニバーサルデザインとは簡単に言うと「できるだけ多くの人が利用可能であるように製品、建物、空間をデザインすること」です。
 バリアフリーという言葉は多くの人が聞いたことがあると思います。目が見えないとか車椅子を利用しているといった何らかの障害によりもたらされるバリア(障壁)を例えば点字ブロックを設置したり、階段の横にスロープを設置したりして対処するのがバリアフリーデザインです。
 これに対し、ユニバーサルデザインは障害の有無、大人か子どもか、男か女か、そのほか国籍、人種等にかかわらずいろんな人々が気持ちよく生活できるようにあらかじめ都市や生活環境を計画していこうという考え方です。
 最近は行政だけでなく、トヨタやコクヨといった企業も盛んにユニバーサルデザインという考え方を製品づくりに取り入れているので、雑誌やCMなどでこの言葉を見たことがある方も増えているのではないでしょうか。

 たっちゃんは、このユニバーサルデザインという考え方を県庁職員時代に富士山こどもの国の開設スタッフになった1998年に知りました。当時は静岡県が全国に先駆けて、行政としてこのユニバーサルデザインをまちづくりに取り込んでいこうとしていました。こどもの国はグランシップと並んで、このユニバーサルデザインを取り入れた県の施設第一号として1999年に開園したのです。その後に携わった2003年開催のNEW!!わかふじ国体&全国障害者スポーツ大会でもユニバーサルデザインを運営のハード、ソフト両面において取り入れました。僕も広報担当としてことあるごとにユニバーサルデザインという考え方をPRしていました。

d0010232_2083916.jpg  さて、このユニバーサルデザインの考え方を広く社会に普及していこうと取り組んでいる素敵な情報誌があります。その名も「ユニバーサルデザイン」。季節ごとに発刊されていて、2,000円という値段ですが、オールカラーで写真がふんだんに使われていて、情報も多彩で値段に見合う価値大アリの情報誌です。
 今までユニバーサルデザインという言葉を聞いたことがないという人も、この情報誌を読んだら仕事にも生活にも役立ちますし、生き方そのものの価値も揺さぶられると言っても過言ではありません。
 公式サイト⇒UDC(ユニバーサルデザイン・コンソーシアム)

 そんなユニバーサルデザイン誌の21号(2006年冬号)は「特集:子どものためのデザイン~大人が子どもにできること~」ということで、上述した県職員時代にご縁のあった編集のNさんからご依頼をいただき「とことん夢中で遊び、生きていることを実感する」と題された小論を寄稿させていただきました。
 小論は上の題をクリックしていただけると見られますが、全120ページ、オールカラーで役立つ情報、提言、話題が満載です。書店でもお求めになれますので、ぜひ、ご購入ください。

 また小論を読んでの感想をぜひ、コメント欄にお寄せください。
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-30 20:08 | 子どもたちの居場所づくり
d0010232_1382013.jpg12月の冒険遊び場たごっこパークは20日(木)~24日(日)に開催。
いつもの顔ぶれのほかにも新聞やインターネットで見てと、沼津市や静岡市からもご家族が遊びに来ました。
そんな冒険遊び場たごっこパークの様子はこちら⇒冒険遊び場たごっこパークブログ
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-28 01:38 | 子どもたちの居場所づくり
d0010232_143265.jpg
 毎月4日ほど開催している冒険遊び場たごっこパーク、今月は12月21日から24日までの開催でした。21日~22日には、東京、神奈川でプレーリーダーとして活躍する“じっちゃん”と静岡大学大学院で冒険遊び場についても学び中の“のば”が泊まりでやってきました。22日~23日は、滋賀県東近江市から“たごっこパーク視察団”が泊まりでやってきました。(画像)
 どちらも自宅兼の“たごっこハウス”に宿泊をし、午前2時を回るまで遊び場談義やまちづくり談義に花を咲かせました。
 毎日、毎日、子どもたちがたごっこハウスにやってくるガキンチョ団やこうした宿泊でのゲストの迎え入れを提供できるのは、二人の娘・サヤカとチアキの理解があってこそです。中3のサヤカはガキンチョ団たちがわいわいと卓球をやっている卓球台の下で問題集に取り組んでいることもあったりします。ゲストが宿泊で来れば、サヤカもチアキも話しに加わったり、学校での子どもたちを押しつぶす教育エピソードを報告したり、ゲストとわいわい遊んだり。

 24日、クリスマスイブの夕飯は、サヤカもチアキもたごっこパークで子どもたちが食べ残したお鍋をつついて終わり。25日、一日遅れで開催した我が家のクリスマスの食卓に乗ったのは、活動を支援してくれている“すみちゃん”提供のチキンと“やいちゃん”提供のしらす、そして親が用意したのは100円のアイス4個。
 それでも大喜びでいつもよりウキウキした感じの二人。「友だちの家ではどこどこへ食べに行った」とか「誰々のうちはクリスマスケーキがどーのこーの」なんてことは何も言わない。
 そんな二人の娘から、いつもの活動を労い、これからも応援していくよ、ということが書かれたクリスマスカードをもらった。
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-26 09:32 | 子どもたちの居場所づくり

冬休みガキンチョ団

d0010232_18497.jpg
冬休みになりました。
ということで、「冬休みガキンチョ団」、始まりました。
こちらで毎日の様子をレポートしています⇒ガキンチョ団ブログ
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-25 23:07 | 子どもたちの居場所づくり

マラソン大会

d0010232_11135727.jpg
 冒険遊び場たごっこパークの常連・トモノリのとーちゃんが校内マラソン大会での娘・千秋のカッコイイ画像を提供してくれました。
 走る前、「胸が痛い。リタイヤしちゃうかも、ごめんね」と言っていた千秋。しかしリタイヤすることなく、最後まで走り切り、6位でゴールイン。そして、苦しそうにすぐに保健室に直行でした。
 ガキンチョ団!の翼。入学以来3年連続1位だったけど4年生になった今年、「練習で一度も勝てない。今年は無理かも。でも、1位のやつに付いていって、最後に仕掛けてみる」と。その作戦通り、最後の直線でトップに立ち、見事4年連続1位に。
 千秋も翼もすごいなぁと感動したけど、もっと感動したのは、この画像を提供してくれたトモノリのとーちゃん。トモノリは後から2番の位置で走っていました。そのトモノリに熱い声援を送り、カメラのシャッターを切り続けるとーちゃん。(順番なんてどうでもいいんだ、そのまんまのお前が父さんは大好きだぞ)、そんな息子への気持ちがこちらへも伝わってくるようでした。
 子育ての基本を改めて認識させてもらったマラソン大会の風景でした。
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-17 11:14 | 子どもたちの居場所づくり
d0010232_64531100.jpg 
 12月9日~10日に富士市公募制補助金を受けて「春夏秋冬わんぱくキャンプ~冬編」を実施しました。詳しくは⇒「ゆめ・まち・ねっと de キャンプだっぽい!?」
 なお、市の補助金ということは、すなわち、市民の税金をいただいての事業になりますので、事業の成果を広く市民にお知らせする義務があると考え、市役所ロビーで活動報告写真展を実施することにしました。

開催日 2007年1月4日(木)~1月12日(金)
(注)1月6日(土)~8日(祝)は閉庁
場 所 富士市役所2階ロビー
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-14 06:45 | 子どもたちの居場所づくり
d0010232_21444866.jpg岡山県倉敷市での冒険遊び場活動の応援として、倉敷市立短大で講義をさせていただきました。詳しくは⇒クリック⇒「つながる。ひろがる。ゆめ・まち・ねっと」
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-08 21:43 | 子どもたちの居場所づくり

埼玉で広がる共感の輪っ

d0010232_110021.jpg
 12月2日~3日、たっちゃん、みっきー、らいおんは、埼玉県さいたま市を訪れ、冒険遊び場づくりに取り組む「さいたま冒険遊び場・たねの会」の活動支援をさせてもらいました。
 詳しくは⇒(クリック)⇒「ひろがる。つながる。ゆめ・まち・ねっと」

 埼玉もなかなか行く機会のない地。この機会に会えたらいいなぁと思っていた人たちにもお会いすることができました。
 埼玉の市民活動を応援しているNPO「市民活動情報センター・ハンズオン!埼玉」の吉田理映子さん。市民活動の広報のコツを埼玉県内に留まらず、全国各地で伝授しています。この富士の地へも2度お越しいただき、ゆめ・まち・ねっとの広報もずいぶんと「吉田直伝の技」を取り入れさせてもらっています。いつもの人を包み込む温かい笑顔との久々の再会となりました。
 同じ「ハンズオン!埼玉」の西川正さん。過日、朝日新聞に取材を受けた「指定管理者制度」の検証記事の中で、たっちゃんと並んでお名前の出ていた人でもあり、吉田さんから前々から活動ぶりも聞いていました。今回はサツマイモ片手にご家族で会場へ。市民活動のこと、社会のこと、子どもたちのこと、あれこれと意見交換をさせていただきました。
 埼玉県和光市で子育て支援活動に取り組むNPO「わこう子育てネットワーク」の小林貴博さん。市民活動のメーリングリスト(ML)でお互いに名前は知っていて、おもしろい活動を展開されているなぁとMLで拝見していました。小林さんとも子育て・子育ち支援活動についての情報交換、そして「思い」の交感をさせてもらいました。

 そのほかにもいろんな出会いがありました。今回の開催の共催となっていた、さいたま市社会福祉協議会の大橋太郎さん。裏方としていつも笑顔で動いている姿がとても印象的でした。ゆめ・まち・ねっとの活動応援Tシャツカンパにもご協力いただきました。
 さいたま市公園みどり課の職員さんや公園緑地協会の職員さんたちが連日、準備から片付けまで参加されていたのにも驚きました。しかも日中は自分たちもベーゴマ対戦に熱中したり。行政側の中にもいるんですよねぇ、こういう感性のいい人たち。
 NPO「杢の家をつくる会」の小澤さん。お母さんたちが中心の「たねの会」にとって、強力なサポーターとなる職人気質のおじちゃんでした。
 埼玉県越谷市で冒険遊び場づくりに取り組む「ミサゴン」、座学から熱心に参加をされていました。
 埼玉県戸田市で子どもたちに愛と友情と平和を届ける(!?)「埼京戦隊ドテレンジャー」の面々にもお会いしました。自然体のお父さんたち、戸田市でも冒険遊び場のような活動ができればと見学に訪れていました。今後の闘い(?)に注目です。

 埼玉の地での書ききれないたくさんの出会いと共感の輪。ありがとうございました。
 みなさん、ぜひ、富士山のふもと「冒険遊び場たごっこパーク」にもお越しください。
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-08 11:00 | まちづくり
d0010232_1636943.jpg たっちゃん&みっきーでヘアカットに行ってきました。行ったのは、ゆめ・まち・ねっとの活動を応援してくれている素敵な夫婦(画像に写っている二人です)がやっている「hair's ootake」さん。店内にゆめ・まち・ねっとの活動報告書や応援Tシャツを置いてくれています。





hair's ootake さんの概要です。
住所 富士市瓜島157スウィングビル102(富士市役所の裏手です)
電話 0545-53-1083 予約優先制
受付時間 午前8時半~午後7時
定休日 毎週月曜日、第2火曜日、第3日曜日
カット  4,000円(高校生以下割引あり ちなみに小学生は2,300円)
カラー 3,000円から

ぜひ利用してみてください。
[PR]
by yumemachinet | 2006-12-01 18:06 | まちづくり