ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

わたしの主張2006

たっちゃんです。
またまたサヤカネタです。

サヤカが中学生の「わたしの主張」という大会の静岡県東部大会に富士市代表として選ばれ、昨日、その発表をしてきました。
結果、東部大会でも優秀賞に選ばれ、来月、グランシップで行われる県大会に出場することになりました。
(東部大会も県大会も夏休みガキンチョ団の子どもたちと過ごすため見に行ってあげられないので、せめて、ここで褒めてあげようと…。かなり親バカな投稿です。)

サヤカの発表原稿を掲載します。

『夢』
 私には、誰にも話したことがない夢があります。
 きっと小学生の頃から私の中にこの夢はあったのだと思います。でも、夢を聞かれても言えませんでした。ちょっと恥ずかしかったし、まだぼんやりしてたから。でも中学3年になった今、ちゃんと考えてみようと思います。ちゃんと考えて言葉にできるようになったら、自分の目標も見えてくる。そんな気がします。

 小学1年生のとき、私はバングラディシュへ行きました。日本とは全く違うこの国を見て、とても記憶に残っていることがあります。今にも折れてしまいそうな細い小さな赤ちゃんを抱いて「お金をください。」と通りすがる人に頼んでいるお母さん、裸足でボロボロの服を着て、一生懸命水を売っている幼い子ども…。初めて見る光景すべてが驚きでした。あの水を売っていた子どもの前で洋服を着て、車に乗っている自分がすごく嫌だったのを覚えています。私ばっかりこんなにいい格好をして、あの子の目にはどう映っていたのだろうと、ずっと心に引っかかっていました。そんな経験からか、私はいろんな国のことを考えるようになり、国際連合などにも興味を持つようになりました。小中学校での総合的な学習でもそんなテーマに取り組んできました。

 こうして、私があの日バングラディシュで見たような現状を、少しでもよくするために活動している人がいることも分かってきました。そして、私の夢がだんだんと見えてきたのです。自分も将来、こういうことをしたい。その気持ちがどんどん強くなっていきました。でも、それがなんの職業なのかわからなかった私は、学校などで書く『将来の夢』という欄に悩まされていました。(友達は学校の先生、とか看護師、とか書いていたけれど…私はどう書けばいいんだろう…)そう思って「優しい人になりたい」とか「おばあちゃんになりたい」とか、そんな感じでごまかしていました。

 でも最近、考えが変わりました。理由の一つが、父の話してくれたこんな話です。
 『よく、学校の先生になるのが夢、とか保育士になるのが夢、って言う人がいるけど、学校の先生も保育士も夢じゃなくて、それは夢を叶えるための手段じゃないかな。夢っていうのは例えば子どもたち一人ひとりの個性をのばしてあげたい、いきいきと育つ環境をつくってあげたい、そういうことだと思うんだ。学校の先生になる、それが夢だと先生になれた時点でもう夢が叶って、その次の目標を見失っちゃうかもしれないし、なれなかった人は夢が破れたと思っちゃうんじゃないかな。でもこんなことをしたいっていう夢を持っていれば、たとえ先生にはなれなくても他のいろんな手段でその夢を叶えることができるよ。』

 そっか。だとしたら…私にも夢がある。手段はまだ分からないけど夢はあります。私の夢は、世界中の一人でもたくさんの人を笑顔にすること。
 少し前、私は新聞で目を疑うような記事を見つけました。発展途上国のある国で、夜泣きが激しい赤ちゃんに麻薬を注射していた母親がいたそうです。信じられませんでした。食べさせてやれるものがなく、空腹で泣いている我が子がいる。それなら食料よりも安い薬を注射して楽にしてあげよう。きっとそんな感覚なのでしょう。そして何の悪気もなく使い続けています。どうしてなのでしょうか。日本では小学生でも知っている、麻薬が毒だということをその母親は知らなかったのです。それは、きちんとした教育を受けたくても受けられない環境のせいです。

 変えなくちゃいけない!この現状を。学校に行けない子どもがいることも、病気になり薬が買えなくて死んでしまう人がいることも、戦争に巻き込まれ、たくさんの子どもの命が犠牲となっていることも…数えきれないほど、変えなくちゃいけないことはたくさんあります。そして、このことを知らない裕福な国の人々に、同じ地球にいる彼らがどんな暮らしをしているのかを伝えていく必要があると思います。私は伝えたい。そのために何ができるのでしょう。今の私にはまだ分かりません。でも『夢』が見つかったのだから、この夢を叶えたい。
 15歳の私にできること…勉強を頑張って知識と考えをもっともっと深めること。英語を本当に話せるようになること。そして8年前出会ったあの子に負けないように一生懸命生きること。まずは自分の周りからです。私の周りに笑顔がたくさん咲くように…。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-28 07:54 | 子どもたちの居場所づくり
たっちゃんです。
もう一つ、サヤカネタです。
中学生たちは、部活が終わると打ち上げをしています。
定番はお好み焼き屋で飲み食い、ボーリングをして、プリクラを撮って、締めて4,000円というコースだそうです。
僕らの頃には考えられないことです。

昨日の夕食で家族4人でそのことが話題になりました。
我が家はそんな打ち上げに参加するお金を出してあげられないので不参加のサヤカ。
もちろん、自分の貯金をはたけば参加できますが、それもしていません。
「自分のスタイルを貫く。それはサヤカの素晴らしいところだよ。打ち上げに参加しなかったからと言って仲間はずれにするようなら本当の仲間じゃないし、今までも打ち上げに参加していないのに、たくさんの仲間がいるでしょ。それはサヤカが人間的に魅力のある証拠。それでいいんだよ。」とみっきー。

たっちゃんは子どもたちにこんな話をしました。
「ニートってのがたくさん増えて社会問題になってるだろ。もちろん、様々な原因があるからさ、全ての人がそうだって言うのはよくないけど、でも、自分で生活費を稼いでいない中学生たちが大人のような打ち上げをすることにぽんぽんとお金を出す親。それで何の疑問も持たない子どもたち。言えばなんでも買ってもらえちゃうし。
こうしたことって、働くことで社会に参加すること、市民活動みたいなことばかりじゃなくて、商品やサービスを売ったりとか、子育てをしたりとかそういう社会参加をして、そして自分はその中で身分相応の生活をする、そんな人として大切なことを見失わせることにつながっているんじゃないかなぁ。」

サヤカは部活を引退した3年生対1・2年生の記念試合という打ち上げを企画し始めました。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-28 07:40 | 子どもたちの居場所づくり

ソフトボール部

たっちゃんです。
長女・サヤカは中学でソフトボール部のキャプテンでした。
先週の土・日に試合(中体連)があり、惜しくも県大会行きを逃しました。

この試合に勝っていれば…という試合の最後のバッターはサヤカでした。
1点差で負けていての攻撃、最終回ツーアウト・ランナー二塁。
バッターは8番。
1番のサヤカまで打順が回れば、逆転勝利の可能性も見えてきますが、これまでの8番、9番バッターの実力からするとその期待は薄いという場面でした。

それでも何が起こるかわからないのがスポーツ。
サヤカに「回ってくるぞ!準備、しておけよ。」と声を掛けましたが、完全にあきらめモードの顔で応援の声も出さない状態でした。
結果は8番バッターに代打が出され、見事、ファオボールを選び、さらに9番バッターは監督のサインでバンド、これが相手のエラーを誘い、満塁でサヤカに回ってきたのです。
しかし、サヤカはセカンドゴロに倒れ、ゲームセット。

試合後、サヤカにこんな話をしました。
「あの場面でサヤカが監督やチームメートを信じなかったのが敗因だ。監督は最後までサヤカを信じていたんだぞ。諦めていたら、8番の3年生に2年生の代打なんて出さないよな。3年生に思い出を作ってあげようと思うから。諦めていたら、9番バッターにサインなんて出さないよな。監督はサヤカまで回せばこの試合勝てると信じて、最後まで監督としてできる作戦を出したんだ。それなのにサヤカは(あー、もうこの試合は負けだ。この二人じゃ私に回ってこないし。)と思っただろ。(回ってきたら私が絶対打つ!)そんな風に気持ちを高ぶらせなかっただろ。サヤカは監督の信頼を裏切っちゃったんだよ。」

泣き出しそうな顔で話を聞いていたサヤカにさらにこう付け加えました。
「もう、このチームでの試合はないから、ソフトボールで監督の気持ちに恩返しするチャンスはない。でも、サヤカにはこれから長い人生が待っている。その中で誰かを信じたり、信じてくれた人の気持ちに応えたりすることが大切になる場面は何回もやってくる。その時に監督の気持ちに恩返しするチャンスがやってくる。その時はこの場面のことを忘れないで、自分から諦めたり、逃げたりしないようにな!」
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-28 07:16 | 子どもたちの居場所づくり

花火

d0010232_6505536.jpg

たっちゃんです。
先々週、地元の花火大会がありました。
たごっこハウスからこんな風によく見えした。
来年は花火見会でもやりましょうかね。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-28 06:50 | まちづくり

ジャガイモほくほく

d0010232_12415316.jpg

たっちゃんです。

 たごっこハウスに期せずして、ジャガイモがどっさり入った宅配便が二箱、届きました。
 一箱は、ブログ講座などでつながりのあるいとう市民活動支援センターPalの都甲さんから。
 もう一箱は、子育て応援!フォーラムでつながりのできた松永さんから。
 さっそく、ゆめ・まち・ねっとのつながりを子どもたちに還元。
 たごっこハウスでジャガイモ焼きをやりました。
 写真に写っているヒカルやケンタのほかツバサやトモカがほくほくのジャガイモをおいしそうに食べていました。
 都甲さん、松永さん、ありがとう。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-16 12:43 | 子どもたちの居場所づくり
たっちゃんです。
子どもが学校から「魅力あるふじの学校をめざして」というリーフレットを持って帰ってきました。
これは「ふじの未来の教育を考える懇談会」という有識者会議による提言をまとめたもののようです。

その中で、懇談会から教育委員会に対して次のようなアピールを行いましたとあり、その一つに「子どもの遊び場を確保したり、他の市町村との交流活動を進めたりするなど、子どもの体験を広げるために工夫してください。」とあります。

そして、リーフレットには、このアピールについて教育委員会に意見をお願いします、とあったので、次のような意見をメールしました。


アピールの中に「子どもの遊び場を確保したり…(中略)…子どもの体験を広げるための工夫をしてください。」とあります。

私たちNPOでは、地域の子どもたちに遊びの場を、体験の場をと活動していますが、その活動を子どもたちにお知らせしたくとも、学校では、参加費を徴収する活動については、お知らせチラシを配布してくれません。

内容が悪く子どもたちに配布できないという理由で拒否されるのならばわかりますが、いつも言われることは「内容はとても素晴らしいですが、有料のものは学校から配布できません」ということです。

商業ベースのものと非営利活動のものとを同じ物差しで測って、すべてダメとしているようですね。

釈迦に説法かと思いますが、今、子どもたちを取り巻く環境はとても難しいものとなっています。
社会全体に従来の行政では解決できない社会ニーズが溢れているといってもいいでしょう。

そうしたことを背景に様々な市民活動が誕生し、活躍をするようになっています。
そうした市民活動は、持続していくことが何よりも大切です。
そのために、活発な地域活動を行う多くのNPO法人が非営利ベースで参加料などを取る活動をし、次の活動への資金や人材育成・確保のための資金に充てています。

教育関係者はそうした社会の流れにあまりアンテナが向いていないように感じます。

この懇談会の提言がきちんと、教育委員会各職員および各学校長に浸透し、真に学校縁を充実させるためには、学校がどう変わらなければならないのか、真剣に議論され、新たな行動が見られることを期待しています。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-16 09:53 | 子どもたちの居場所づくり

出会いのたごっこハウス

 たっちゃんです。
 7月7日(金)~9日(日)の二泊三日で石川県金沢市でプレーパーク活動に取り組む「やまちゃん」が武者修行(?)にやってきました。
 春休みガキンチョ団のときに遊びに来てくれ、それ以来の再会です。(⇒ブログ
 今回は予定していたキャンプが雨で延期になったので、その分、NPOの日頃の事務などの様子に付き合ってもらいました。
 土、日でゆめ・まち・ねっと主催のキャンプや夏休みガキンチョ団に参加したいという子どもの親が3組、来ました。そこでの説明などを傍らで聞いていました。
 日曜日には、静岡市からプレーパークの立ち上げをしたいと志すお母さんがやってきて、講座と実習の打合せをしました。やまちゃんも金沢のプレーパークの事例をいろいろと話してくれました。
d0010232_14524192.jpg

 そして、土曜の夜にはたごっこハウスでバーベキューをしました。
 たっちゃん・みっきー・サヤカ・チアキの家族のほかに、いつもゆめ・まち・ねっとの事務活動のサポートに来てくれている“みー”とガキンチョ団に参加するトモカと父・けんちゃん、そしてサヤカの友だちアイリにやまちゃんというメンバー。
 それぞれ違う立場でたっちゃん・みっきー家とつながっている人たちが集い、語らい、笑い。
 金曜日に聞いた児童精神科医の佐々木正美さんの話では、人間の成長にとって他者と喜びを分かち合うというのはとても大切なことだと。
 たごっこハウスをこれからもいろんな人の出会いの場として育んでいきたいと思います。
 どうぞみなさん、お立ち寄りください。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-11 14:52 | まちづくり
d0010232_1431658.jpg
富士・富士宮地域のコミュニティFM「ラジオf」に声を掛けていただき、子どもたちの遊びについておしゃべりをしてきました。
お相手はラジオfのナビゲーター・千野真紀さん。
なんと県庁時代に机を並べていたOくんの友人だとか。

放送は7月10日(月)~14日(金)の毎日午後3時から4分ほど。
可聴エリアの方はぜひお聴きください。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-11 14:35 | 子どもたちの居場所づくり

富士山こどもの国の空気

d0010232_6441210.jpg
 朝日新聞から取材依頼があり、らいおん、みっきー、たっちゃんの3人は1年3ヶ月ぶりに富士山こどもの国へ行きました。
 昨年4月、指定管理者制度の導入により、サァリパークが運営経営をすることになった富士山こどもの国。そのことについて、ホームページにコーナー(⇒こちら)を作っていました。朝日新聞の記者さんは、「官から民へ」のキャッチフレーズのもと進められた小泉構造改革を検証されており、その一つとして、指定管理者制度を取材しようということで、連絡をいただいたものです。
 
 画像はその時の記者さんが撮って送ってくださったものです。
 久しぶりに訪れたわんぱくの森は、ご覧のような感じでした。プレーリーダーや来園した子ども、親が作った遊具に変わって、がっちりとしたフィールドアスレチックが2種類ありました。
 見知らぬ人同士が打ち解けたり、プレーリーダーとボランティアが遊び談義をしたり、子どもたちが濡れた服を乾かしたり…そんな空間であった囲炉裏はなくなり、火遊びはされていませんでした。
 水道とブルーシートによる手作りウォータースライダーもありませんでした。
 ゴミなのか遊びの素材なのかという存在の空き缶やペットボトル、廃材は転がっていませんでした。
 そして、もちろん、プレーリーダーはいませんでした。変わりに管理人が一人、いました。来園者と交わることはなく、ずっと無言で椅子に座っていました。

 そんな外見の変化以上に変わっていたのは、そこに流れていた空気です。
 プレーリーダー、ボランティア、子どもたちの醸し出していたなんとも言えない空気。
 まったり、のんびりなときもあれば、ギャースカわいわいなときも。そんな空気がたまたまこの日だけ、ではなく、いつもないんだろうな、と感じさせる雰囲気が漂っていました。

 そんな雰囲気の中、記者さんといろんな話をしました。下山したのち、たごっこハウスにもお寄りいただき、さらにいろんな話をしました。指定管理者制度の話とは別に、「冒険遊び場」という活動が持つ魅力について関心を持っていただいたようです。
 朝日新聞で冒険遊び場の意義が広く情報発信されることを楽しみにしたいと思います。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-08 06:44 | 子どもたちの居場所づくり

情報発信

 ゆめ・まち・ねっとでは、地域での口コミやチラシ配りなどの地道な情報発信のほか、報道のみなさんの協力による情報発信、そして、こうしたブログなどインターネットによる情報発信もしています。
 このインターネットによる情報発信はとても難しい部分があります。
 表情、声色、間などなど、言葉(文字)以外の部分によって伝えられるものがインターネットでは伝えられないからです。
 ですから、時折、インターネットによる情報発信は地道な市民活動に不向きなのかなと中止を考えることもあります。
 それでも、多くの人に情報を伝えられるというメリットもあるので、打ち込みに注意を払いながら、ネットによる情報発信をしています。

 今日は、埼玉県の子育て支援をする人から電話が掛かってきました。ゆめ・まち・ねっとのホームページを以前から見てくださっており、一度、活動の様子、そしてノウハウをお仲間や地域の人たちと共有したいということで連絡をくださったとのこと。

 また、関西の有名私大の先生からも連絡があり、子どもたちの道草の研究をしていて、インターネットでいろいろと検索する中で、ゆめ・まち・ねっとのホームページに出会ったと。

 これからも、いろんな人とつながるツールとしてインターネットを使いながらも、ネットの弊害にも気を配って、情報発信をしていきたいと思います。
[PR]
by yumemachinet | 2006-07-05 17:34 | 子どもたちの居場所づくり