ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

身も心もあったまる

d0010232_8132621.jpg具だくさんの汁。
 ギョーザは○○さん、だいこんは△△さん、人参は◇◇さん、セロリは☆☆さんからと、ゆめ・まち・ねっとの活動に賛同してくださっているみなさんからのいただきものばかり。
 身も心もあったまる汁です。
 いつも我が家の食卓には活動応援メニューがのぼる。
 ありがとうございます。
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-29 22:12 | まちづくり

ブログのお引っ越し

d0010232_8211248.jpgこのブログに載せてきた「たごっこ ガキンチョ団!」活動についてものは、独立のブログを設定し、お引っ越しをしました。
お引っ越しにあたり、少し、コメント記事を追加したり、修正したりもしています。
ぜひ、見てみてください。
クリック→たごっこ ガキンチョ団!
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-28 11:23 | 子どもたちの居場所づくり

県NPO推進室の残念な対応

郵便局に口座を開設しようと思い、局へ行ったところ、団体の証明書類がいるとのこと。
登記簿謄本であれば、こと足りるということだが、謄本は取るのに少なからず出費を伴う。
局に相談をすると、謄本でなくても官公庁の出した書面なら良いとのこと。

ということで、県NPO推進室に依頼をした。
日ごろ、さすがに市民活動を応援するための部署だけであって丁寧な対応をしてくれるところだし、今回の案件は事実を確認して、室長印をおして、発行するだけなので、簡単にOKがもらえるかと思ったが、意外にも返事はNOだった。

その理由を尋ねると「謄本で足りるものをNPO推進室が証明することは相応しくない」というもの。

うーん。
法律で証明が禁じられているのならあきらめるが、相応しいとか、相応しくない、といったレベルの議論になってしまった上に、証明はNOになってしまったことはどうにも腑に落ちない。

しかし、お役所にNOと言われればそれまで…。
ならば、他の団体がうちと同じ余計な出費をしなくて済むようにと、NPO推進へと提言だけはした。
すなわち、認証時に取得団体に対して、「登記して謄本を取ったら、原本があるうちに、郵便局への口座開設を考えている団体は先ず郵便局に行くといいですよ。」と助言をしてあげてくれと。
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-25 16:35 | まちづくり
d0010232_12593929.jpg

 12月17日(土)、NPO法人静岡県東部パレット市民活動ネットワークの招きにより、「助成金獲得のツボ講座~ちっちゃなNPO法人の資金獲得大作戦~」をやらせていただきました。
 ゆめ・まち・ねっとが獲得した助成金の紹介、清水NPO・ボランティアセンターでも好評だった助成金申請ワークショップ、そして、ゆめ・まち・ねっとの助成金以外の資金獲得方法などを盛り込んだ2時間15分を受講生のみなさんと過ごしました。
 清水の講座のときもそうでしたが、今回も受講のみなさんがとても熱心で、ワークショップの発表もやりたい、やりたいと次々と手が挙がりました。
 講座参加者アンケートでも、「具体的な方法論がわかった」、「具体的でとてもわかりやすかった。ワークショップ形式が参考になった。」、「たいへんよい企画でした。」、「事例が具体的に示されるなどすぐに役立つ気がする」などなど好評をいただきました。

 こうした講座の講師、事例発表者をやらせてもらえるのも、ゆめ・まち・ねっとの活動に共感し、支えてくれる応援団があってこそ。
 カンパ、励まし、生活物資提供、広報協力、他者への紹介、我が子のサポート…、いつもいつも、活動を支えてくれるみなさん、ありがとうございます。
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-21 12:59 | まちづくり
d0010232_18313996.jpg
 特定非営利活動法人イーパーツさんというところが「リユースパソコン寄贈プログラム」というパソコンの現物助成をしてくれています。
 このプログラムは、「企業からのリユースパソコンを非営利組織・ボランティア団体・高齢者グループなどの市民活動団体やNPO法人へと無償で寄贈し、その情報化を支援する」というプログラムです。

 ゆめ・まち・ねっともパソコンを新規に購入する予算はないけど、もう一台パソコンがあれば、広報活動ももっと充実するし、活動記録なんかも整理できるし、会計事務もはかどるしで、子どもたちの居場所づくりもますますパワーアップするなぁということで申請をしました。

 そして、2005年12月14日、ひと足早いクリスマスプレゼントが届きました!
 イーパーツさん、ありがとうございました。

 市民活動をされているみなさんで、パソコンの導入により、活動をさらに充実させたいなぁと考えているところは申請してみてはいかがですか。
 詳しくは→イーパーツホームページ
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-15 18:31 | 子どもたちの居場所づくり

チラシがつなぐ縁

 今日の午前中は、元暴走族総長で今は非行カウンセラーとして全国的に活躍する伊藤幸弘さんを招いての異色子育て講座のチラシを置いてもらいに沼津市内の各施設を回ってきた。
 県東部パレットは、今度の土曜日に講座の講師を務めさせていただくこともあり、もちろん、快く引き受けていただいた。
 そのあとは、県東部行政センターへ。ここももちろん、この講座が県男女共同参画センターの補助事業になっていることもあり、にこやかに対応していただいた。
 富士市の教育委員会の対応とは雲泥の差…。

 気をよくして、沼津っ子ふれあいセンターへ。センターにいた年配の女性職員は講座の内容にとても関心を示してくれ、講座の説明から、ゆめ・まち・ねっとの活動内容、そして、話が弾んで、今の子育て環境のことまで、30分ほど話し込んできた。
 「若いお母さんたちは、ここへ子どもと来ても、子どものことなんか全然見てなくて、携帯でずっとメールをやってばかり。余りに度が過ぎるとたしなめるんだけど、プイッとなっちゃったり。常識では考えられない親もたくさんいるんだけど、かといって、注意してばかりでここにすら来なくなっても子どもが心配だし。ほんと、子育ち支援といっても難しくてねぇ…。」といった話をしてくれた。
 チラシももちろん快く引き取ってくれ、「ここに来るお母さんに渡して、旦那さんに参加させるように話してみますね。」と笑顔で。

 続いて、沼津市NPOセンターへ。ここでもセンター長のAさんが快く応対をしてくれ、やはり、ゆめ・まち・ねっとの活動にも興味津々。自信の子ども時代の思い出話しなんかもしてくれ、ゆめ・まちの活動ポリシーにも大いに賛同してくれた。
 「専門はITの関係で、高校生にインターネットの危険性を話してくれという依頼もいただく。でもよく言われる出会い系サイトの危険とかいう話の前に、インターネットの世界で得た知識ですべてを知ったように思い込んでいることが問題だという話をする。やはり、バーチャル(仮想)の世界での知識よりも、現実の体験が大切なんだと思う。とくに子どもたちはインターネットの世界での知識よりも実体験が大切だと思う。」といった話をされていた。
 
 今日はチラシの設置依頼に回って、なんだか、いろんな人との縁に巡り合ったという感じ。
 富士市の学校教育課ともこんなふうに意気投合できたらいいんだけどなぁ…。
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-14 23:34 | まちづくり

子どもの居場所を求めて

今日の午後、2年生と年長の子どもを持つお父さん、お母さんがたごっこハウスを訪ねてきた。
この家ではテレビゲームなどを子どもに持たせていなく、今後も与えるつもりはないんだけど、周りの子どもがみんな持っているので、遊ぶ仲間がいなくなってきているという。
で、富士市フィランセにどこか子どもたちのための活動をしているところはないかと訪ねたところ、ゆめ・まち・ねっとを紹介されたらしい。
よっ、フィランセさん、お目が高いっ!

冒険遊び場「たごっこパーク」の写真パネルをご夫婦で目を輝かせながら見て、今の子どもたちの育つ環境について、話に花が咲いた。
同じ市内でも少し離れているので、残念ながら、平日のたごっこガキンチョ団などには参加できないが、冒険遊び場「たごっこパーク」の土曜日開催時にはぜひ参加したいと言って帰っていった。

親も子どもも気に入って、たごっこパークの、そして、ゆめ・まち・ねっとのサポーターになってくれたら嬉しいなぁ。
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-14 21:48 | 子どもたちの居場所づくり

ラジオf

11月3日に富士・富士宮圏域を対象に開局したコミュニティFM「Radio-f」。
先日、ゲストトークとして声を掛けていただき、収録に行ってきました。
(風邪で声が潰れる前でよかった~)d0010232_1733022.gif

放送は12月18日(日)午前9時からの番組「ふじさんラジオ村」。
午前9時台前半に8分ほどのトークが放送される予定です。

内容はゆめ・まち・ねっとの思いを中心に伊藤幸弘さんの講座の告知などもしてきました。
さてさて、どんな語りになっていますやら。

周波数は84.4Mhzです。

追伸
ラジオなのでお顔が見れないのが残念ですが、お相手をしてくれたパーソナリティーの佐野智恵子さんは、たっちゃんの半分くらいの小顔の美人でした。
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-12 17:24 | 子どもたちの居場所づくり

貧乏くさい

木、金、土と3日間のたごっこパークが終わり、家族4人で近所のスーパーへ。
目指すは[半額]の値札が付いた食料品。
夕食用のお弁当やサンドイッチなどを選んでレジへ。
「ピッ」「半額になります。」「ピッ」「半額になります。」「ピッ」「半額になります。」「ピッ」「半額になります。」
いちいち、レジ係さんがコメントをしてくれる…。

d0010232_19303197.jpg
家に帰って、みんなで半額食品を食べていたら、水を飲んでいたチアキが
「なんか、これで、水飲んでると、貧乏くさいねぇ」
すかさず、みっきーとサヤカが突っ込みを入れた。
「貧乏くさいんじゃなくて、貧乏なんだよ。」

……確かに。

でも、ここには、いくらお金を出しても買えない家族の団欒がある。
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-11 19:30 | 子どもたちの居場所づくり

ブラックマーク

d0010232_14332987.jpg

先日、こんなむさい大男たちが泊まりに来た、たごっこハウス
そこへ、なんともいいタイミングで年末の家庭訪問をしに、交番のお巡りさんが。

きっと、お巡りさんのリストに、ブラックマークが。
間違いない。
[PR]
by yumemachinet | 2005-12-09 14:33 | まちづくり