ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ゆめ・まち・ねっと

たっちゃんです。

今日の午前中、銀行屋さんが来た。
NPO向けの助成とかを調べてくれるようお願いした。
で、しばし、まちづくり談義をした。

「ゆめ・まち・ねっと」って名前はどんな理由で付けたんですか?」と聞かれた。

で、答えた。
「ゆめ」は、人々の志だったり、思いだったりということ。例えば「先生になりたい」とか「保育士さんになりたい」とかは夢ではない。それは、夢を実現するための手段なんです。
「子どもたちの個性を伸ばしたい」とか「子どもたちの好奇心を刺激したい」とかが夢。それを叶えるために先生になるのも一手段だし、水泳のインストラクターでも夢を実現できるかも知れないし、生業は子どもに携わる仕事でなくても、ボーイスカウトのリーダーでもいいのかも知れない。
それを手段と夢を履き違えると、先生になった途端に夢が叶って、その先の目標を見失い、生徒を傷つけたり、スカートの中を盗撮したりなんてことになる。また、先生の試験に落ちると、夢が破れたなんて言ってひきこもっちゃう。
(中略)
だから、ゆめ・まち・ねっとという名前は、「ゆめ」を持った人たちがそれぞれの立場でまちづくりに参加して、そうした人たちのネットワークが広がっていったら、きっと、子どもたちも高齢者も傷害のある人もみんなが住みよく楽しいまちができるんじゃないかなという理想の旗を掲げてつけた名前です。
[PR]
by yumemachinet | 2005-06-08 21:49 | 子どもたちの居場所づくり