ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

富士地区子育て勉強会

たっちゃんです。
富士地区子育て勉強会に行ってきました。
元暴走族相州連合の総長で、現在は非行カウンセラーとして活躍している伊藤幸弘さんを講師に招いて、定期的に開かれる勉強会に参加させてもらっています。

今夜のテーマは 「いじめと子どもたち」

いじめというのは、古くて新しいテーマだと思う。
時代劇なんかみても、いじめは出てくるしね。
ただ、現代の社会ではそれがより陰湿化していたり、凶悪化していたり、低年齢化していたりという問題がある。

で、今日の勉強会で、印象に残ったのは、実はテーマに沿った話以上に、一つは伊藤さんが学校の対応に何か問題を感じたときに、いつも学校へそれを言いに行っていたということ。
そして、学校へは母親ではなく父親が行ったほうがいいと言っていたこと。
(もちろん、母子家庭では、その役割も母親がしなければならないのだが。)
その意味は、父親は、家の外の社会に対して物を言っていくべきということであったと思う。

もう一つは、ある荒れた学校へ講演に行ったときに、生徒同士の恐喝の現場を目撃したので注意をしたのだが、先生たちはいつも見て見ぬりをしているという話。
伊藤さんが「なんで?」と聞くと学校の先生たちは「怖いから。伊藤さんだから生徒が言うことを聞くけど…。」と。伊藤さんはそんな現状に「哀しくなっちゃうよなぁ。」とコメントしていた。

このブログや掲示板でも時々触れてきたが、学校のダメさ加減にいつも物申している自分には、まさに我が意を得たりという話だった。

P.S.勉強会に参加希望の人は、取り次ぎますのでメールください。
[PR]
by yumemachinet | 2005-05-21 21:30 | 子どもたちの居場所づくり