ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

第3期 ゆめ・まち・ねっと決算報告

 いつもゆめ・まち・ねっとの活動を支えていただきありがとうございます。
 先日、たっちゃん&みっきーの個人としての確定申告(年収144万円)も済んだので、ゆめ・まち・ねっとの決算報告をします。

収入 815万円
内訳
活動会費・参加費収入 315万円 
※ガキンチョ団会費、プチ会費、子育て支援講座参加費などです。
協力活動謝金収入 76万円
※全国各地での冒険遊び場立ち上げ支援や講演・講座の謝金などです。
補助金・助成金 299万円
※道草探検隊日本一による100万円(安藤スポーツ・食文化振興財団)など。
会費・寄附金 125万円
※多くの人にカンパをいただきました。ありがとうございます。

支出 815万円
内訳
事業費 298万円
※講師への謝金・旅費や助成金による報告書印刷経費、活動必要物品の購入費などです。
人件費 268万円
※らいおん:124万円、たっちゃん&みっきー:144万円
管理費 126万円
※事務所家賃、光熱費、通信費などです。
繰越  123万円

 上記にあるように、たっちゃん(&みっきー)の収入は県庁時代の5分の1!
 講演などで必ず、生活をどうしているのか聞かれますが、支出をとにかく削るしかありません。
サヤカもチアキも塾・習い事・通信教材などは一切なし。家族でアミューズメント施設やテーマパークや有料イベントやレストランやカラオケボックスも行ったことなし。居酒屋で飲むなんてこともまったくなし。家にはテレビゲームもないし、DVDやCDをレンタルしてくることもなし。テレビもここ1年半、見たことなし。もちろんNHKはちゃんと届けを出して受信料なし。たっちゃんは衣料品がこの3年で支出900円のみ。サヤカもチアキも制服、体操服、ジャージは頂き物ばかり。靴は穴が開いても履いています。食料品は閉店間際のスーパーの5割引きシールの商品ばかり。そんな生活の中にあって、なんともありがたいのが、活動に共感してくださるみなさんからのたくさんの差し入れ。我が家の食卓には毎日のようにいただきものが並びます。

 よく、県庁時代の蓄えを資金にNPO活動を始めたのかと聞かれもしますが、蓄えはまったくありませんでした。収入があれば、それなりの支出をする生活をしてしまうのが人間の性。週何回かは呑みに行って、後輩に驕って、タクシーで帰宅していましたし、ブランドのスーツを着ていましたし、ドイツ車に乗っていましたし、旅行にもよく行きましたし、有料イベント、美術館、スポーツ観戦、映画鑑賞、カラオケボックス、高級お食事処…時間が許せば行っていました。
 ですから、ゆめ・まち・ねっとスタート時の貯金なんてほとんどありませんでした。収入が激減した分、支出も劇的に減らしました。生活スタイルを一変させたというよりは、生き方の価値観を変えたと言ってもいいでしょう。

 そんな生活を間もなく3年。この間、県庁を辞めたことを後悔したことは一度もありません。お金では決して買うことのできないものを得ている実感があるからです。
 子どもたち二人は親の人生の選択の最大の理解者であり、支援者です。年頃の娘たちですから、同級生たちの豊かな生活ぶりと自分とを比べて羨ましく感じることもあるでしょうが、親に不満をぶつけることなく、毎日を生き生きと送ってくれています。
 そして、自分の家が地域の子どもたちの居場所になっていることも自然に受け入れ、ここに集う子どもたちやその親との交流をいつも笑顔で楽しんでくれています。

 とはいえ、この収入では、まだまだ継続的な活動を維持していくのが困難ですし、生活もいっぱいいっぱいです。また、こうした活動実態では、自分もやってみようという若者がなかなか現れてくれないでしょう。
 ゆめ・まち・ねっとの活動に共感をしてくださるみなさん、ぜひぜひ、引き続きの支援をよろしくお願いします。
[PR]
by yumemachinet | 2007-03-30 22:34 | 子どもたちの居場所づくり