ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

居場所づくりbyみっきー

d0010232_12431022.jpg
 1999年当時の「初代・冒険遊び場たごっこパークの常連たち」の写真です。この子たちも今や随分と成長しました。真ん中のカイトと右のヒロマサは、みっきーよりもはるかに大きくなりました。つくづく時の流れを感じます。

 最初の「たごっこパーク」は、当時から私たちの仲間だったタゴピロが数人の母ちゃんと青年に手伝ってもらいながら約5年続けていた、不定期でちっちゃくて暖かい「遊び場」でした。
 そして2004年「ゆめ・まち・ねっと」の立ち上げに伴い、「たごっこパーク」も広報活動を定期的にしながら、より多くの地域の子どもたちが参加できる運営にしようということで、場所も「柳島公園」に引越し。

 その時にタゴピロが話してくれたこと。
 「場所が変わると、遠くなるし、馴染みもないんで、常連の子っちはきっと来なくなるだろうなぁ。でも、これからも、あいつらとは今までどおり、つながっているし、それに、私がいままで頑張ってきたのは、たくさんの子が集まれるそんな居場所にいつかしたいという思いがあったから…新しい場所での活動でいいんじゃないかなぁ~」

 そして、「名前はどうする?今までの思いが込められてる「たごっこ」をそのまま使うことに
抵抗はない?」の問いかけには、「いやいや、『たごっこパーク』に新しい仲間が加わって、活動が広がるのは嬉しいこと。『たごっこ』でいこう!!」と。

 そんなタゴピロの熱い思いと優しさを引き継いでスタートした「柳島たごっこパーク」。
 そして、タゴピロの言葉どおり、そこではたくさんの新しいステキな出会いがありました。
 多くの子どもたちに慕われた「新たごっこパーク」でした。

 しかし、柳島公園で活動を始めて1年半後、再び引越しをせざるを得なくなってしまい、たっちゃんはじめスタッフも仲間も落ち込みのドツボ…
 そんな時みっきーの頭に浮かんできたのが1年半前にタゴピロが話してくれた上の言葉でした。
(そうだ!落ち込んでても仕方ない。場所にこだわるより、タゴピロのように前に進もう!)

 こうして「島田公園」に移って半年が過ぎました。1999年以来、4箇所目のたごっこパーク。場所が変わっても冒険遊び場(プレーパーク)としての思いは変わりません。
 遊び場づくりは目標ではなく手段…その先の目標である「子どもたちが生き生きできるまちづくり」をめざしてこれからもステキな仲間たちと楽しく前にすすんでいこう~!!
 下のたっちゃんのブログを受けて、そんな風に感じたみっきーでした。
[PR]
by yumemachinet | 2006-11-24 12:41 | 子どもたちの居場所づくり