ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

磐田すくすくプレーパーク

d0010232_0472635.jpg

二回の座学を経て、磐田すくすくプレーパークの活動が始まりました。
6月3日、4日とらいおん、みっきー、たっちゃんで活動サポートをさせていただきました。
プレーパークの初めの一歩は、どこでもそうなのですが、親子参加が多く、親が子どもの遊び心を摘んでしまっている場面をよく見かけます。
「早く遊びなさいっ!せっかく連れてきてあげたのに遊ばないなら帰るよっ!」なんてカリカリしているお母さん。
息子が泥遊び場に近づいた途端に抱えて連れていってしまったお父さん。

そうした中での3人の役目は、プレーパークのおもしろさ、楽しさを伝え、今回の主催のお母さんたちの仲間づくりをすること。
(今後もずっと現場に関わるわけではないですからね。)
座学の2日間、実践の2日間とも、熱心なお母さんたちからいろいろなことを聞かれました。
実践2日目の夕方、片付けをしていると参加していたお母さんから「すいません。片付けまでしてもらっちゃって。」と言われました。
この発言、一般参加者意識ではなく、私も遊び場づくりに協力するぞーという気持ちによるものだったのではないでしょうか。
とても嬉しく感じました。
d0010232_105282.jpg

赤、青、黄色のTシャツを着ているのが今回の主催の3人です。
その向こうではブラジル人たちがサッカーに興じていました。
子どもたちと水遊びをしていると水を飲みに来たり。
そんな折に何人かのブラジル人青年と話をしました。
日本での生活のほうが長いという青年もいました。
そのうちにブラジル人の子どもたちも遊びに参加したり。

遊び場づくりはまちづくりです。
磐田すくすくプレーパークが地域のいろんな人たちを巻き込みながら、子どもたちの豊かな育ちの場になっていくことを願っています。
[PR]
by yumemachinet | 2006-06-07 01:09 | 子どもたちの居場所づくり