ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

道草探検隊の表彰に行ってきました!

d0010232_11562816.jpg
2006年2月25日(土)、先日のブログ→「道草探検隊が日本一に」で紹介した安藤百福賞の授賞式および取り組み報告に行ってきました。

 世界で初めてインスタントラーメンを発明した安藤百福さんの功績を展示する「インスタントラーメン記念館」で実施されました。
 記念館には、安藤百福さんの語録がいろいろと展示されていました。

 『なにごとに寄らず、自分の周囲にいつも好奇の目を向けるのを忘れてはならない。時代を読むヒントは、日常生活のいたるところに転がっているのではないか。』

→ほんと、そう思います。道草探検隊もまさに、日常に転がっている自然や人との出会いを子どもたちにという意図で企画をしました。それがきっと審査委員の心にも響いたのでしょう。

 『野中の一本杉よりも、森として繁栄するほうがより強い』

→これは、日清食品だけの繁栄だけでなく、世界の食文化がもっともっと豊かになることを願って特許技術を広く公開したときの語録だそうです。私たちも常にそういう気持ちを持ち続けたいですね。

 昼食会では、事務局の方が安藤百福さんとの名刺交換を仲介してくださいました。96歳にしてまだまだお元気な安藤百福さんのオーラを感じました。
 事務局の方が「渡部さんは県庁の職員を辞められて、子どもたちとの活動に尽力されているんです。」と紹介してくださいました。
 それを受けて、やはり展示してあった安藤百福さんの語録、『事業を始めるとき、私は金もうけをしようという気持ちはあまりなかった。なにか世の中を明るくする仕事はないかと、そればかり考えていた。』にとても感銘を受けましたと話すと、安藤さんから「それが大事です。頑張ってください。」と激励のお言葉をいただきました。

 最後にもう一つ安藤百福さんの語録です。
 「時は命なり。刻一刻ときざむ時間は確かに大切であるが、命がきざまれているのだ、と思っている人は少ない。そこまでの切迫感を持って私は生きたい。周りの人にもそうしてほしい。」

 表彰式の模様はトム・ソーヤスクール企画コンテストオフィシャルサイトに掲載されています。
[PR]
by yumemachinet | 2006-02-28 22:32 | 子どもたちの居場所づくり