ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ガキンチョ団

d0010232_6293063.jpg
みっきーです。
たごっこガキンチョ団にリュウヘイ(小3)とマサキ(小2)の兄弟が朝から参加。
今日は、小学校が土曜日の参観日の振り替えで休校だったから。
たっちゃんがチアキ(小5)やユリ(小4)と水掛けして遊んでいると、リュウヘイとマサキも絡んできた。
サッカーボールをぶつけられたたっちゃんが本気のダッシュであっという間に逃げるリュウヘイに追いつき、背後から水をビシャーーーー!
これまで、遊び場でこういう展開になると必ず子どもは負けじと反撃に出ていたのにリュウヘイは近くの団地のベランダ下でしょんぼり体育座り。
あらら。
みっきーがお昼のお弁当を買いに行こうよって誘っても無言。
濡れたTシャツに手を触れようとすると払い除け。
あらら。
たっちゃんがお弁当を買ってきて、みっきーは着替えを持って、二人で再度、リュウヘイのところに。
相変わらず無言のリュウヘイの足元に「お弁当と着替え、ここに置いてくよ。シャツは公園の鉄棒に干せば乾くよ。」と伝えて、仕方なし公園に戻った。
しばらくしたらようやくリュウヘイが現れた。でも、たっちゃんからは距離を取るように、一人遊び。
そのうち、たっちゃんはチアキ、ユリ、マサキと野球遊びを始めた。みんなに楽しそうにわいわいとボールを打ったり、投げたり。
すると、リュウヘイも近付いていって、たっちゃんに声を掛けられ合流。リュウヘイは、なかなかのバッティングで大活躍。そのあとも、らいおんとわいわい遊んだり。

タイムスケジュールもプログラムも遊びの先生もいない活動。
だからたった一日の中でもいろんなことが起きる。
それがおもしろい。
子どもたちは自由な遊びの中で喜怒哀楽を感じ、心を開放していく。
[PR]
by yumemachinet | 2005-04-18 21:10 | 子どもたちの居場所づくり