ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

子どもたちの遊び場からみえてくるもの

みっきーです。

 2006年1月26日(木)、静岡県立短大にて、たっちゃんの特別講義が行なわれました。
 県立短大に行くのはたっちゃんもみっきーも初めて。
 校舎はまだ新しく、200人収容の階段教室は設備も整っていて、いよいよその教室が学生でいっぱいになると、みっきーは講師じゃないのに緊張してしまいました。
d0010232_2114484.jpg

 テーマは「子どもたちの遊び場から見えてくるもの」。
 受講生は保育科だったり福祉科だったりと様々なので内容も、「プレーパークとはなんぞや」といった話だけではなく、むしろゆめ・まち・ねっとが活動の中でこだわっている事を通じて、子どもはそのままでいいんだということ、失敗できることの大切さ、遊びは大人の思惑のもとやらせるものではなく飽くまでも遊びであるということ、そして大人は変わらなきゃいけないということ、などをお話しました。

 もちろん大学の講義ですから、必ずしも聴きたくて座っている生徒ばかりではなく、最初から内職をドッサリ抱えてくる子、漫画を読んでいる子、カタログショッピングに夢中の子…も後部席には何人もいたっけ。
 でも一方で、笑ったりうなずいたりしながら熱心に耳を傾ける多くの学生や一般聴講生の方(10人程参加)もいました。

 途中でひじき作の活動紹介ビデオを流しました。トモキの「レッツ!たごっこ!」と叫ぶ最高の笑顔で始まるそれは、まさに「たごっこパーク傑作プロモーションビデオ!」
 たごっこが大事に思っていることがすべてこれ一本に詰められているって感じでみんな熱心に観てくれていました。(あらためてひじき&赤きょん、ありがとう!)


 学生のみんなにどれだけの思いが伝わったかはわからないけれど、でも今回の講義を通じて、またまたステキ出会いの場があたえられました。
 一般聴講で参加してくれたお二人の方が、翌日のたごっこパークにさっそく足を運んでくれました。赤きょんの友人という方にもお会いでき、こうしてまた出会いの輪がどんどん広がっていくのかと思うとワクワクしています。

 終わってみればあっという間の2時間でした。
 これからもこうした機会をいただければ、もっともっとみんなに語りかけ続けていきたいなぁと思います。

 え?なんでたっちゃんの晴れ姿の画像がないかって?
 えーっと、それはみっきーが緊張と、あとたっちゃん節に聞き惚れてしまって写真係をすっかり忘れてしまったからであります。(←かなりたっちゃんのショックは大きい…)
[PR]
by yumemachinet | 2006-01-29 21:27 | 子どもたちの居場所づくり