ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

子どもの居場所づくり

昨年度から文部科学省が「子どもの居場所づくり」という事業を始めた。
これは、子どもたちを取り巻く環境の悪化が指摘される中、子どもたちの居場所をつくりましょうというものだ。
昨年度の予算は70億円、そして、今年度は100億円の予算が付けられている。
しかし、その中身はというと、学校の空き教室や公民館などで子ども向けのプログラムを開催しましょうという、およそ居場所づくりとはほど遠い主旨の事業である。
しかし、そうした指摘を受け、柔軟な運用が認められるようになってきた。

で、富士市でも昨年度はこの事業を採択していなかったが、今年度はこの事業に取り組むこととなり、ゆめ・まち・ねっとに実施依頼をいただいた。
こちらからは、従来からやっている「たごっこパーク」のスタイルでやれるのであれば受けますという希望を伝え、市教育委員会も賛同をしてくれ、5月から定期的に開催していくこととなった。

文部科学省の標準運営マニュアルに縛られることなく、これまでのたごっこパーク同様、地域の子どもたちの居場所となるような遊び場づくりをしていきたい。
そして、常設のプレーパークづくりに向けて、じわじわと行政の理解を獲得し、地域の理解を得られるような活動を媚びたりすることなく、展開していきたいと思う。
d0010232_2349385.jpg

[PR]
by yumemachinet | 2005-04-13 23:05 | 子どもたちの居場所づくり