ゆめ・まち・ねっと日誌に綴っていたことは別ブログに移転。こちらは、『おもしろ荘子育て勉強会ワンコインゼミ』の情報をご紹介するブログとして運用。


by yumemachinet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

草野球

たっちゃんです。
今日は自主保育ゆめ・まちに参加するカエデのとーちゃん・史門と草野球に参加しました。
花粉さえ飛んでいなければ、スポーツをやるにはちょうどよい気候の中、気持ちよい汗をかいてきました。試合には負けてしまったけど、個人的には、外野の頭をはるかに越える打球をかっ飛ばし、かなり大満足。
子どものころ、野球少年だったおいらは、空き地で三角ベースに興じたり、学校の清掃時間にぞうきんを丸めたボールとほうきのバットで野球をやったり、路地裏で親父とキャッチボールをしたり…。三度の飯より野球遊びが好きだった。

そういえば先日、こんな事件がニュースで話題になっていた。
小学生が公園でキャッチボールをしていて、投げたボールがそれてそばにいた小学生の胸に当たり、その小学生が死亡したという事件。
そして、この事件は賠償責任を問う裁判となり、キャッチボールをしていた小学生にこういう事態が起こる予見能力があったとして、6000万円の損害賠償命令が出された。
果たしてこれで良いのだろうか…。
死亡した小学生が可哀相なことは間違いないが、おいらの少年時代と違い、気軽にどこでも野球遊びをすることができない環境の中でのキャッチボールで加害者にさせられてしまった子ども。
責任は子どもではなく、こうした環境を作り上げてしまった大人たちにあるのではないだろうか。
[PR]
by yumemachinet | 2005-04-10 15:38 | 子どもたちの居場所づくり